10代~20代の女性を中心に大人気のモデルといえば、玉城ティナさん!

『ViVi』の専属モデルを務め、アメリカ人の父と日本人の母を持つハーフモデルとして活躍しています。

玉城ティナさんといえば、キレイに切り揃えたシルエットが特徴のボブスタイル。

他にも、マネしたくなるようなヘアスタイルが沢山あります。

玉城ティナさんのヘアスタイルは、どの様に作られているのでしょうか。自宅で出来るテクニックを紹介します。

ストレートボブが王道

ストレートボブで、ピンクのリップも似合う大人っぽい雰囲気のスタイルですね。

ふんわりと毛先全体を内側に持ってくることで、女性らしい雰囲気にもなるスタイルです。

前髪が眉毛より若干短く切り揃えられたボブスタイル

サイドのボリュームも抑えてあることで、落ち着いた印象になります。

レトロな眼鏡も似合いますね!

毛先をワンカールさせ、カラーも入れることで雰囲気の異なるボブになります。

カラーはブラウンで可愛らしいですし、赤系のカラーよりイエロー系のカラーの方が柔らかい印象になります。

外国人風ウェーブ

MERCURYDUOのお洋服? ふぁ??がきゃわゆい?? HM/ @matsuno71

Tina Tamashiro 玉城ティナさん(@tinapouty)がシェアした投稿 –

玉城ティナさんのボブは、ウェーブを出しているアレンジも注目されています。

さりげなく大きめのウェーブですね。

基本的にフェイスラインは毛先5~10cm、サイドは毛の中間から柔らかくウェーブを作りましょう。

サイドを中間からアイロンすることがポイントで、この様にウェーブを作ることで、シルエットに広がりがでます。

ワンカールアレンジふんわりした印象にも♪

ワンカールにすることで、玉城ティナさんのような柔らかいウェーブのボブができます。

ワックスやスプレーを使う事で、様々なスタイルを作ることが出来ますし、ボブであれば巻き方やカールの作り方次第で様々なヘアスタイルを楽しむことが出来る所も良いですね♪

玉城ティナさんのようなアレンジをしたい場合には、前髪は重めに眉下で揃えましょう。

ランダムに動きをつけてカットをしても良いですね。

まとめ

折角だからカットにもこだわりたいという方は、「前髪重め・あごラインの長さ・イエローブラウン」という3つのポイントでカットが完成です。

カットとスタイルアレンジを真似して、玉城ティナさんに近づくための参考にしてみてくださいね。